ポーカー負けても泣かない努力をするマニラ駐在員の記録

駐在員が海外カジノのライブキャシュでどこまで通用するのか試してみるけど、やっぱり通用しなくて頭を抱える日々の記録です。僕のBlog読んでも強くはなりません。

他人から見た自分のイメージ

こんにちわ。ピンクのiPhone6sを愛用してるToshiです。

 

Twitterで使ってるアイコンの写真を変更してみた。

 

f:id:yumyum_eno:20170324134304j:plain

うーん。すげー柄悪い。

 

 

知人のデザイナーさんにプレゼント頂いたもので、とても感謝している。

他の方からの評価はすこぶる上々でしてお会いした皆さんからはすげー似てるとのこと。

 

不安になったので日本にいる彼女に見せたら

 

そのまんまよ!だから前から髪切れって言ってるでしょ!そのくらい胡散臭いのよ!わかった?

 

と太鼓判を頂戴した次第でして、昨夜は枕をちょっぴり濡らしました。

 

ただ、僕はこんなにガラ悪かったかなと正直戸惑っている。

そらサングラスはよくかけてるし、ロン毛だし。

ただ、気に入らないのは本人よりも周囲のほうが納得しているということだ。

 

でも、こんな人にポーカールームで声かけられたら確かにビビる。絶対やんちゃに見えるし人騙しそうだし。今まで僕に声かけられた人は怖かったかもしれないと思うとこの場を借りてお詫びします。ごめんなさい。

 

自己評価と他人からの評価って思ったより違うもののようであることに改めて気がつく。

 

さてさてポーカーだが。同じようなことが言えるんじゃと考えてた。ポーカーやってる人には比較的日常だしわかりやすい話題のはず。(当たり前じゃん。と言われても仕方ない。)

テーブルでどのようなイメージを持たれているかを大事にするように教えていただいたことがある。

場合によっては思ったよりも重要でバリューを取れたり取れなかったりに大きく影響する。

 

お酒飲みまくって陽気にポーカーするプレイヤーと、スーツ来て銀縁のメガネでキリッとしてプレイする人。どちらが同卓してて情報が少ない場合、どうしてもイメージが先行するものだ。

(ハンド数をこなしていけば別の情報が得られるかもしれないが。)

 

さて先日ミスではないがあまり調子がよくなくもうそろそろ帰ろうと同卓してた友達とビールを頼んだ。元を取ろうと2杯飲み干し、3杯目を頼んだ頃だ。

BBからハンドの順番は忘れたが、AKo,KK,KK,A8o と立て続けに引く。

いつもと大きく変化せずプレイしたつもりだが、あまり信用されない。

酔っ払ったおっさんがやけっぱちにプレイしてると思われても当然だけど、とてもバリューが取れた。この状態は信用がない、嘘っぽい+強いハンド持ってる。である。

 

つまり自分で思ってるよりも相手と相手のイメージは合ってないし、自分が思ってる自分のイメージと実際の相手の思考も一致していない。強いハンドで強そうに見せたら誰もついてこない。と思う。(相手が信用してくれたらであるけど。)

そんなの正解はわからないけど、惑わされちゃうと大損したり、しかもそれをアンラーッキーと片付けてしまっていないかを振り返る必要があるんじゃないかとちょっと思ったり。

 

反面すごーく取れた時に相手に勘違いしてもらえてることもあるのかもしれない。

 

なるべく惑わされずプレイして、相手に勘違いしてもらえるといろいろいい事ありそうだなと。

でも僕のポーカー友達はだいたい胡散臭い。ただ今回、お前もな。と皆から言われるとなんとも歯切れの悪い返事しかしにくいです。

 

APTでお会いしたT川さんに、僕は怖くないですよって言われて全く信用しなかったのと同じだな。

T川さんごめんなさい。でもまだ怖いです。

 

ではでは皆さん良いポーカーライフを。

 

(書きたことはまだあるのですが、3つくらい書いて消しました。もう少し整理します。)